RECOMMEND
ENTRY
LINKS
OTHERS

I DON ' T LIKE DESPAIR , BUT DESPAIR LIKES ME

アゲ突く言葉中出して、子宮破壊したいAMζPM
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之壱
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(1))
壱、フリーダム!


中学時代につけたチーム名は

不麗威堕無、

何がフリーダムか?

それなら

ステチュー・オブ・リバティ

自由の女神を探して、

フリーダム!

フリーダム!

フリーダム!

叫ぶ

アゲアゲ日本人観光客に対し

ノリノリアメリカ人が両手を掲げて

フリーダム!

フリーダム!

フリーダム!

応えるように。

「ウェエア・イズ・フリーダム?」

つまり、

自由は何処にありますか?

と訊かれて応えるように

意思疎通コミュニケーションの

原初形態に極めて接近した

誤認による

意思の共有をしてオレは、

盗んだバイクで走り出す前に

割った硝子を弁償せよとは

正にその通りであるが

それすら容認承知で、

こいつの中学時代の生態は

勿論、総て邪推に過ぎないのだけれども、

こんなこいつの為に、

ネイバフッドな隣人愛を

マジ半端なく込めて

親切至極懇切丁寧に

アドヴァイスしても、

良・い・の・で・しょう・か?

(ダメっつわれてもする!)


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之弐
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
もうさァ?

そう云うのいいから!

(いや、マジで!)

信号無視をした

チョイ悪気取り野郎。

ちょうど偶発的に

渡りしな

蒼色に変化、

信号機が点灯し、

それをいいことに味を占め、

こちら側をチラ見攻撃、


「オレって悪だよなァ?

でも、

運はオレに味方している!

そう!

気づいているかも知らんが、

オレは特別な人間!

お前(ら)とは

一線を画す!

このような些細な出来事でさえも

必然性に裏づけられているのさ!」



とでも言いたげ、

満足気な表情、

そして表象。

角刈りのドタマ提げて

そりゃァねえだろう?

かろうじて現代人だと云うことが判明する。

面白過ぎるよ、

あんた!

マックス最高だよ!

教えてやろうか?

(いま、ここで!)

現実を思い知らせてやるぜ!

(残酷無比に!)

あのさァ?

「テメエに生きる意味はない!」ん DAZEEEEEE !!!!!?????

ももも勿論 ME TOOよ!


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!

DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之参
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
しかし、

オレの

ネイバフッドな隣人愛を察することなく

横断歩道の右手先に在る

交番の御前を通る際、

AKARASAMA なる、

そして、

程度の低い嘘を

キ・コ・エ・ヨ・ガ・シに

捲くし立てる

(狂える)絶壁王子。

連れに話し掛ける。


「チャベエ!

チャベエ!

オイラ、指名手配中なんだわ。

お前、

何か悪いことしてねえよなァ?」



周辺地域に影響を及ぼすべく

大声で

またそして、

それが迷惑だってことに気づかない。

気づこうともしないでILL .


「オレってファニー?アンド・バッド・ボーイ!イカスぜ!」


てな感じ、

嗚呼、

マジ苛吐くぜ!

(多分、

こいつは毎回

同じ戯言をこの場所での宣うのだろう…。)

それから、

「はァ〜?

何それ?

知らねッ!

ってかさァ?

酒呑んだくれえで事故る訳ねえべよ?

かァ〜!?

ヒデエ〜ッ!

オレのドラテク知ってっべよお?

なァ?

バ〜カ!」

と、

そいつは吐きやがった!


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之四
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
ところで。

ところで。

ところで。

何故、

三度も

“ ところで ”

と申したかと申しますと、

「特に意味はない。」

と答える。

しかない。

そして、

賢明なる読者は既に気づいていよう。

(また、本当に賢明なる読者ならば、

この小説のに於ける冒頭一文を読んだだけで

即座に愚作と判断、

既に、この文章は読んでいず、

ここには存在していないだろう。)

こいつこそが

我が田舎の第一線で輝き、

我が街を牛耳る彼の有名な、

田舎名物ヤンキー様である!

彼らに

我々の未来は委ねられているのであるだから

ノー・フーチャー

(フォー・ユー & フォー・ミィ)。

かか。

けけ。

ほほ。

もう、

カウント・ダウンは始まっているのである。



※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之伍
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
我が國では古来より、

「盗んだバイクで走り出す行く先も判らぬまま。」

と云う諺があるが、

我々が生活している

この世の中の人間は

二種類に大別出来ると思う。

それを理解出来る者と出来ぬ者。

そして、

やる側とやられる側。

若しくは、

カマす側とカマされる側。

そして、

カモる側とカモられる側。

今迄さんざっぱら極道をし尽くして

迷惑掛けといて、

更正致しました、

はい、

受け入れて下さい、

社会様なんてよお?

都合良過ぎなんだよ、

気づくの遅せえよ!

大衆によって描かれたる

戯画的な英雄像を自ら演出

自作自演ストライク、

経験を積むが、

何故そうなったかを知り得ない

知ろうともしない、

しかし、

うまくやってる奴はうまくやっている。

嗚呼、

それにしても、

「キィー!クヤシー!」

腐った蜜柑じゃなくねえんだよ、

頼むから、

消えてくれ!

マジ邪魔。

そして、

今まできィ〜ッと、

だァ〜れも、

教えてくれなかっただろうから

オレが



教えてやるよ!

テメエラは社会の屑なんだよ!

早ようシマから出てけや!

この糞ヤンキー!

ってか、

あ、

やべえ超忘れてた!

社会の屑こと

國*穢*非*以下のファック野郎って、

それ、

オレのことだった!

(御覧の通りです。)

本当の社会の屑は

本当の社会の屑を見分けることが出来る IS TRUE ! (NO DOUBT ! )

絶対現実確定。

今迄さんざっぱら迷惑掛けといて、

更正致しました、

はい、

受け入れて下さい、

社会様なんてよお?

都合良過ぎなんだよ、

気づくの遅せえよ!

オレ!

もう、手遅れなんだよ!

歳相応の社会生活なんて、

夢のまた、夢...


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!



DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之六
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
弐、ヘル!


今日は第三土曜日

そして十二時ジャスト

土曜の夜の天使こと

帰るとこド忘れた

シンデレラ ☆ マン

正体不明のマザーファッカー野郎

最高に最低なあいつ

シャイなこん畜生!

奴が予告宣言通りに現れる筈だ

悪そ奴らが大体集結している

駅改札口前

あんまそんなに睨むなよ

あいつらすぐ睨むからなァ

へなへなの着流しみたいなの着た

おっさんが

そいつらの前を

どーもどーもと

言わんばかりに

へらへら歩いている

そんな態度してたら狩られっぞ?

キャメコさんは

シャッター・チャンスを逃すまいと

コレミヨガシに

バズーカみてえな

キャメラを構えている

あこの音は間違いない!

ドルドルドルドルドル…



※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之七
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
爆音が段々と強まって来た

ドルドルドルドルドル…

徹夜組の汚ギャル様乞食を含め

オーティエンスは

ドルドルドルドルドル…

一人や二人じゃねえ三人以上はいる!

ドルドルドルドルドル…

オレはカブリツキ

可成前から暖めていたから

カモン〜!

ベイベー!

アリーナ〜!状態の

ベンチ

ドルドルドルドル…

改札口前に立ちすくみ

眩暈を憶えながら歩むこと

十九半歩

駅から南に向かって

ドルドルドルドル…

右側再開発ビルディング

建設中の幕が垂れている前のベンチで

準備万端待機万全

ドルドルドルドル…

さァ来るぞ来るぞ来るぞ来たァ〜!


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之八
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(1))
ドドドドドドドドドドドド…!

オレは思わずスタンダップ!

ロータリーを高速度で

時計の針の廻転方向に対し

逆回転、何度となく

阿呆みたく旋回し、

流し捲る

ライク・亜・処刑ライダー・スタイルの

ガイキチ・バイク野郎、

全身黒ずくめ黒革ライダース纏いし

CHILL 散ル満ちる、

生きるのシンドイ系

REDRUM 大好き

BAD TIMING 王子

今日は黒衣の花嫁

漆黒に彩られ

闇に愛される女を

背中に連れてイヤガル

後光が眩しいぜ

あ!

屯していた

賊集団;ヤンキートライヴらの前で

思いっきりウィリーしやがった

シメた!

ありがてェ!

粋な計らいしてくれるぜ

まったくよお?

やってくれるぜベイベー!

サンキュー・フォー・ビューティフル・エクスペリエンス〜!

ヤンキーらは

あからさまに眼を合わせるべく

ガン視の嵐嵐嵐

無言の威圧感覚

キャメコさんは

ビビって腰抜かしてらァ

汚ギャル様乞食の連中は

抗うようにして

声を張り上げて

異臭騒ぎを巻き起こすべく

萎れ萎び腐った愚華を咲かしている。


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!


DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之九
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
「誘うように仕向けて呑んでェ腕組んで引かれて結局やったァ〜!(大爆笑)」


「カァ〜?ヒデエ!(大爆笑)」



頂きましたァ、

名科白!

田舎名物元;ヤン上がり

流浪のおギャル様乞食!

(いっつもここにいんなァ?

一大テーマ・パークと化してね?

ってか、殖えてねえ?

細胞分裂するのかよ?

腐れ***のパイオニア、

***革命軍!)

何でもありか!

テメエラ!

手洟したよ!

何であんなバケモンみてえなのがいる…?

突然突如湧き上がる疑問符。

あ、ダチ公もそうなのね!

超納得!

都市再開発の喧伝PRヴィデオのリフレイン。

洗脳騒ぎ巻き起こすべく

インプリント刷り込み現象促す

この街頭テレヴィジョン。

しかし、

軽ァるくお茶の間気取り、

柿の木植えて

肘枕しながら

閲覧するこいつらの

虚飾縛りの脳髄は

既に腐っているから

DONT BE CAREFUL !

案ずることなかれ

御安心あれ!

そして、

キミたちに倖在れ

(FUCKIN') GOD BLESS YOOOOOU !!!!!

PEAAAAACE !!!!!

(FU*K YOOOOOU !!!!! )


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!



DEATH OF KILL (TO BIRTH)、其之拾
(DEATH OF KILL (TO BIRTH) ; - ; trackbacks(0))
これをもし万が一

御本人様が読んでいらしたら、

「相すみません!」

謝罪は致しません出来ません。

NAZENARA

口先八寸舌先三寸の謝罪など

災いの元であり無意味だから。

DAKARA

舌の根も渇かぬ内に悪態を吐くわよ小生オレわ。

こいつらはきっと

独創的な夢など持たずに、

しかし希望的展望と云う名の元に物乞いし、

時間に追われ

手に汗握る

淫らな予定を乱暴に組み立てているのだろうけれども、

「よそはよそ、うちはうち。」

呟き、

困ってるには困ってる、

「希望?」

「ないです!」

直感的に答えてしまい、

「何で生きてるの?」

って、

訊かれたらば、

「「何で生きてるの?」って、訊かれる為に生きてるの!」

答え、

「神を信じて…。」

っと、

訊かれたら、

「物騒なこと、言わないで下さい!」

と遮るように喰い気味で答え

(蟲の一匹すら作れないくせに人類は、

掃いて捨てる程の神を発明する。

(どっかの誰かが言っていた)

無神論者であるとか

信仰がないだとかすら

口にしたくはない。

人類至上(史上)最高に

気狂いじみた愚考を

只管に憎む人間生活を送る)、

その

占い呪い信じない

鋭い感性をよく見破られる、

手帳を買っても

毎年々々

テメエの誕生日以外の予定が全くないオレは、

「どんだけ自分が好きなんだよ?」

紛う方なき気紛れな紛い者。

(本人が言っているんだから間違いない!)

もしも億が一、

一週間プライベート・ライフを公開するとなったら

いつも同じ場所で

いつも同じ格好で

いつも同じ姿勢をしている

そんなオイラは

歩き難い編み上げ十四ホール、

ドクター・マーチンで立ちすくむ達人。

燻りを払拭するように

今日びだあ〜れも口にしねえ

自ら自ら励ます祝詞、

「ナルシスとオナンがキスをした!」

ってな、感じで、

「元気モリモリ〜!」

ってえ、

ピュアネスの中にイノセントをスパイスした科白を吐くよ。

一人で出来るもん、

自己啓発。


※ 著者注:上記はホームレスがホームレスであること自体を暗に批判しているのではなく、その、洩れ聴こえる下卑た会話内容が近くを通る際、聴いていて余り心地が良ろしくない、と云う表現であります。


※ カテゴリから先頭ページへ飛べます!